フラッシュゲームの脱出系はどう?

フラッシュゲームの脱出系はどう?

フラッシュゲームの脱出系は、とても人気があると言われているタイプの「フラッシュゲーム」です。
まず、フラッシュゲームの脱出系の面白いところは、同じ「脱出」という事柄ながらも、その脱出しなければいけない「背景」や脱出の「方法」、また、拘束された「場所」のオリジナリティなど、さまざまな工夫が見られるところだと思われます。
製作者の特色が出やすいというのも面白いですね。
フラッシュゲームの脱出系は、種類が豊富です。
同じ「脱出」でもさまざまです。
そんな脱出フラッシュゲームの主な特徴を見てみましょう。
まずは、フラッシュゲームの脱出系でも定番と思われるのが、「アイテム」探しのフラッシュゲームです。
脱出のための「アイテム」などを見つけることによって、脱出が可能になる、といった形の脱出フラッシュゲームです。
これは「アイテム」を見つける、という単純でシンプルでありながら、楽しめるフラッシュゲームです。
「アイテム」より少し捻った形にしたフラッシュゲームの脱出系では、脱出するために必要な「なぞ」を解き明かすことによって、脱出が出来る、というタイプのフラッシュゲームも人気です。
フラッシュゲームの脱出方法としては、「密室から出る」ということになりますが、「アイテム」や「なぞ」を見つけることによって脱出できる、という前に、「なぜ閉じ込められているのか」というところにこだわっているフラッシュゲームの脱出系が多くあります。
たとえば、トイレに閉じ込められてしまった、人質になってダイナマイトが仕掛けられている、また、急いで出かけなければいけないのに出られない、など、脱出するための理由というのも、それぞれ個性が出て大変面白いですね。
フラッシュゲームの脱出系のポイントは、内容の面白さ、凝り方などもありますし、独自性、オリジナリティーも、やはり重視したいところです。
また、フラッシュゲーム自体のプレイの「難しさ」というのもポイントになるかもしれませんね。
また、フラッシュゲームの脱出劇を残酷に映し出す「画像」の美しさや音楽、なども重要になります。
もしくは、脱力系の面白脱出劇という形のフラッシュゲームもあるでしょう。

フラッシュゲームの脱出系は、閉じ込められている場所と脱出しなければいけない制限時間など、プレッシャーのドキドキを楽しむゲームです。
そして、そのゲームの性質から、非常にユニークな作りが出来るというのも、フラッシュゲームの脱出系の人気があるポイントなのかもしれませんね。