フラッシュゲームでRPGをしよう

フラッシュゲームでRPGをしよう

フラッシュゲームのRPGは、オンラインゲームなどとはどのような違いがあり、また、どのようなタイプのものがあるでしょうか。
「RPG」という言葉は、「ロールプレイングゲーム」の略となっています。
「RPG」自体は、もともとコンピューターゲームの用語ではなく、いわゆる「ボードゲーム」から発生したものなのだそうです。
日本では、「RPG」というと、やはりコンピューターゲームの意味合いが強いようで、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などのシリーズが頭に浮かぶ方も多いでしょう。
「RPG」というと、壮大なゲームのイメージがあります。
一方で、フラッシュゲームというと、シンプルで簡単、というイメージがあるのではないでしょうか。
フラッシュゲームはRPGの場合、比較的シンプルで短いものしか作られない傾向にありました。
さまざまな有名サイトのゲームカテゴリで見てみると、やはりフラッシュゲームのRPG系は、かなり少ないようです。
フラッシュゲームのRPG以外では、パズルやタイピング、料理を作ったりなど、比較的シンプルで短時間に遊べるものが多いようですね。
とは言え、フラッシュゲームのRPGが全く無いというわけではありません。
2008年には、携帯電話サイト「モバゲータウン」にて、フラッシュゲームRPGの長編が作られたのだそうです。
タイトルは、「ロードクエスト」です。
内容としては、「モバゲータウン」の人々の「夢」が取られてしまい、それを奪取するというゲームです。
フラッシュゲームのRPG「ロードクエスト」は、途中で、戦いあり、ゲームあり、と、従来のフラッシュゲームのイメージとは違う、なかなか凝った作りになっており、楽しいフラッシュゲームRPGとなっているようです。
また、Flash動画などの特徴でもある、キャラクターの豊富さ、またメーカー自ら「おバカ系」と言っているところも、不思議で面白いですね。
通常、今までの場合では、携帯電話でのフラッシュゲームRPGは、容量が大きすぎてはいけなかったり、と、かなりその作成には制約がありましたが、それをクリアして作られたフラッシュゲームRPGということです。

これからもさまざまなフラッシュゲームのRPGが期待出来そうですね。
フラッシュゲームのRPGを自作してみたい、という方も少なくないようですので、ブログやフラッシュゲーム特集などのサイトで、フラッシュゲームのRPGはどんなタイプのものがあるか、チェックしてみたくなりますね。