数独の無料ゲームって?

数独の無料ゲームって?

単純にして、頭を使うパズルゲーム「数独」、雑誌や無料ゲームなどで遊んだ方も多いかと思いますが、このパズルがイギリスで大ブームとなり、それによって世界的なパズルゲームとなった事をご存知でしょうか。
「数独」とは、日本のパズル制作会社ニコリによるパズル雑誌『パズル通信ニコリ』で使われている数字パズルの名称で、意味は「数字は独身に限る」の略で、ニコリの登録商標でもある関係上、日本では一般的に「ナンバープレース(ナンプレ)」と言われています。
数独のルールは3×3のブロックに区切られた 9×9 の正方形の枠内に1〜9までの数字を入れる事で進めるパズルで、縦・横の各列と、太線で囲まれた3×3のブロック内に同じ数字が複数入らないようにして、全てのマスを埋めれば完成となります。
数独が「sudoku」として2005年にイギリスでブームとなり、それが呼び水となって世界中で流行しました。
その後、海外で火のついたブームを逆輸入する形で2006年から日本でも連載する新聞、雑誌が増えてきており、線と数字だけで行える数独は、ゲーム機のソフトや、パソコン用の無料ゲームなどにも移植が簡単で、現在たくさんの数独ゲームソフトが登場しています。
という経緯で人気となったパズルである数独ですが、無料ゲームや雑誌などで初めて遊んだ時に「どうやって解いたらいいのかさっぱりだ」と投げた方もいるでしょう。
そんな方にオススメの無料ゲームが「数独関数解法ツール」です。
エクセルで作動するソフトのため、エクセルがインストールされていないと動きませんが、解法ツールとして解法説明モードと詳細解析モードがあり、回答に導く手順、どの様な定石を使うかを詳細に表示する事が可能ですので、初心者はもちろん、ある程度以上のレベルに達した方が、高難易度のパズルを解く際の勉強にも役立ちます。
エクセルを入れていない、入れるつもりがない初心者の方は「数独の解き方」で検索すると、やさしい上に詳しく解説してあるサイトが見つかるはずですからそちらを参考にすると良いでしょう。
世界中で愛され、今では世界パズル選手権の種目にも選ばれている数独は、面白さが保障された数字パズルです。
ここまでシンプルな数字の並びだけで、ここまで悩み、熱中する経験は他ではなかなか出来ないと思います。
ブラウザで出来る無料ゲームもたくさん出ていますので、あなたも一度、数独に挑戦してみてはいかがでしょうか。