任天堂DSは今までに無いゲーム

任天堂DSは今までに無いゲーム

2004年の発売以来、任天堂DSは今や全世界で1億台近い売上を誇る携帯ゲーム機として今なお高い評価を得ています。
今や社会現象といってもいい任天堂DSですが、そもそもDSとはデュアル・スクリーンの略です。
本体の両側に二つの液晶画面を持っているという特徴がそのままネーミングにつながりました。
今までのゲーム機ではいちいち画面やモードを切り替えないと見ることが出来なかった情報を別の画面に表示することが可能です。
また下の画面はタッチパネル機能がついており、付属のタッチペンやタッチストラップ、指で直接画面に触れて操作をすることができます。
わかりやすい操作性も人気の一因です。
任天堂DSは今までゲームに関心がなかった人へも幅広く普及したことが高く評価されています。
それまでテレビゲーム界では全体的にゲームが画一的になり、マンネリ化していましたが、任天堂DSはその状態に歯止めをかけたといえます。
任天堂はDSを単なるゲーム機ではなく、「ユーザーの生活を豊かにするマシンをめざす」と公言しています。
その言葉通り、DSは実用系のソフトが充実しています。
通称「脳トレ」と呼ばれる頭の体操になるソフトをはじめ、「得点力学習」などの勉強系ソフトも多数発表していますし、語学系ソフトが充実しているのも特徴です。
DSさえもっていけば現地の人とコミュニケーションができる会話集などがその代表です。
そのほか、ペン習字が習得できるソフト、料理が学べるソフト、家計簿をつけられるソフトなどもあります。
最近人気があるのは日本経済新聞社とコラボレーションして作られた、「モノやお金のしくみ」というソフトです。
ゲームを楽しみながら経済の知識が身につくというもので、税金のしくみや社会問題がどう経済に結びつくかなど、知らないと損をする情報が満載です。
ニンテンドッグスやモンスターハンターシリーズで着々と売上を伸ばしてきたDSですが、2009年はドラゴンクエスト\が発売され、売上はわずか二日間で234万本という驚異的な記録を打ち出しました。

従来のドラクエファンだけでなく、新規ファンも取り込んだ結果の数字です。
今までのドラゴンクエストと異なるのは、ワイヤレス通信により一つの世界で最大四人まで自由に冒険できるという新機能の登場です。
これは任天堂DS専用のコンピュータRPGといってよいでしょう。
親しみやすいストーリーと操作の理解の容易さで、若い世代のみならずシルバー世代まで取り込んでいるのですから驚きです。