ゲームソフトのクリエーターの世界

ゲームソフトのクリエーターの世界

ゲーム機はどこの会社から出たものであれ、それぞれに専用のソフトが発売されています。
ゲームソフトとは正確に言うと「ソフトウェア」で、ゲーム機の「ハードウェア」に対応する言葉です。
これらのソフトはスポーツもの、シュミレーションもの、格闘もの、とジャンル別に分けることができます。
スポーツものもそれぞれ野球、サッカー、レーシング、ボクシングなどのゲームがあり、現在はヒットしたアニメは必ずと言って良いほどゲームソフト化されます。
「ポケモン」で知られる「ポケットモンスター」シリーズが、アニメ、ゲームとともに子供たちの間で社会現象になるほどの1大ブームを巻き起こしましたよね。
ゲーム業界では次々に伝説の名作をつくるクリエーターはカリスマ的に扱われ、例えば「押井守」もその1人で、ゲームソフト業界で圧倒的な存在感を放ちます。
押井守はゲームクリエイターとしての活動だけではなく、アニメ・実写映画をメインに撮る映画監督であり、演出家です。
また、小説家、脚本家、漫画原作家、と幅広いジャンルで活躍していることでも知られています。
各方面に押井守が与えた影響は大きく、彼に憧れてクリエーターを目指す人も後を絶ちません。
押井守は、虚構と現実、真実と嘘を曖昧にミックスした世界観が特徴です。
「攻殻機動隊」シリーズ、「サンサーラ・ナーガ」シリーズが代表作です。
そして、ゲーム業界に欠かせない人物は「飯野賢治」です。
日本のゲームクリエーターの代表です。
ファンからは「イノケン」の愛称で親しまれていますが、「マルチメディアグランプリ’95通産大臣賞」を受賞した「Dの食卓」が代表作です。
ゲームクリエーターは現在も人気の高い職業で、専門学校も数多くあります。
ゲームクリエイターを現在の地位に押し上げたのは、飯野賢治の功績、と断言しても過言ではありません。

マスコミやメディアにも多く登場し、ゲーム界に革命を起こしました。
最近の売れているゲームクリエイターは、必ずと言って良いほど飯野賢治の影響を受けています。
ゲームクリエイターと言えば押井守と飯野賢治です。
ゲームクリエイターとは、ゲームの企画や制作を行う人の総称ですが、今のゲームは内容や技術が非常に高度で、かつ細かく専門化しているために、昔のように個人が1人でゲームをつくることは不可能です。
基本的に今のゲームはチームを組み、役割分担しながら製作します。
それに伴い、クリエーターと一口に言っても、その専門テクニックは多岐に渡ります。