ゲームブームの到来

ゲームブームの到来

ゲームブームが起きてきました。
けれど1977年に出したマイコン方式のテレビゲームは値段が高すぎて売れ行き不振に陥り、80年まで沈滞ムードが漂います。
1980年代に大当たりしたゲームとは、当時の方なら知らない人はいません。
そう、インベーダーゲームです。
若い人も、名前ぐらいは聞いたことがあると思います。
また、最近は、昔のゲームの復刻版も次々に出されていますから、再び流行り始めているようです。
インベーダーゲーム以降、アーケードゲームがどんどん当たります。
日本で現在も人気のある「パックマン」もこの時期に作られています。
この時代の流れとしては、アーケードゲームで人気があるものを、家庭用に移植してセカンドヒットを狙う、というのが基本でした。
アーケードゲームとは、日本のゲームセンターと思って下さい。
アメリカではゲームセンターというより、ショッピングセンターや飲食店にゲームが置いてある感じでした。
その後もアメリカのゲームブームは続くのですが、ソフトを作りすぎたこと、内容が雑だったり、有名な「E.T.」のテレビゲーム版で最悪なものを作ってしまったこと、そして日本のゲーム業界が物凄い勢いで成長した影響などから、84年に早くもビデオゲーム市場は停止しました。
市場崩壊です。
もちろん、それは全体の動きであって、優れたソフト、主にパソコンソフトは生み出されていたことをお忘れなく。
現在のアメリカでは日本のゲーム会社が幅を効かせています。
日本の第1次テレビゲームブーム到来は1977年から78年にかけてです。

78年にアメリカのゲーム業界がピンチの時に、日本のブームも息切れ状態になり、試行錯誤を繰り返します。
そして1983年、第2次テレビブームの到来です。
任天堂のファミリーコンピューター、ファミコンの愛称で知られるゲームがようやく登場します。
1年間で約130万台を売り上げ、日本のゲーム文化はここから始まったと言っても差し支えないでしょう。
「ドンキーコング」「(初代)マリオブラザーズ」「ロードランナー」、名作中の名作です。
プレイステーションとセガサターンが躍進するまでは、10年近く任天堂の天下が続きます。
テレビゲームといえばファミコン、というイメージが強烈にありました。
現在のようにあちこちから何種類もゲーム機本体が発売され、複数台所有する、という時代ではなかったので、一家に一台、テレビゲームという感じですね。
任天堂のファミコン以外のテレビゲームは存在すら知らなかった人も多いと思います。